ロゴ
軒先レストラン 軒先レストラン
間貸ししたい!

出張登録無料キャンペーン中!
(出張登録は1都3県のみ)
ご登録はお任せください!

間借りしたい!

無料個別相談会、毎日実施中!
ゼロ円開業始めましょう!

ランチ

ディナー

このサービスは、軒先株式会社と株式会社吉野家ホールディングスの共同事業です。
出店希望者様へ
オーナーの方へ
1
まとまった開店資金不要
保証金や内装工事など一切不要、低コストでスタートできます。飲食店経営のリスクを大幅軽減。
2
短期間でも出店
1ヵ月からお店が開けます。複数出店やテストマーケティングにも!新たな飲食店の出店スタイルです。
3
補償プログラムで安心運営
もしもの時も安心の補償プログラム。お客様の事故や健康被害など万一の時も安心です。
1
店舗のシェアで副収入
営業時間外や効率の悪い時間帯のキッチンを貸し出して、収益化。安定した経営につながります。
2
相乗効果で集客アップ
シェアレストランで新たな客層にリーチ。意外なコラボレーションが生まれるかも!
3
補償プログラムで安心貸出
もしもの時も安心の補償プログラム。什器や備品の損害や店舗内の事故など万一の時も安心です。
出店希望者様へ
オーナーの方へ
STEP.1
会員登録
本人確認書類を提出いただきます。スペースを使う方は出店書類が必要な場合があります。
会員登録はこちら
STEP.2
プロフィール登録
販売するメニューの詳細を登録します。プロフィール登録後、軒先レストラン事務局で審査があります。
審査完了後から予約ができるようになります。
STEP.3
スペース予約
希望するスペースと日にちを選んで申し込みます。
※ご利用は30日単位です。
STEP.4
スペース利用料の
お支払
貸主から予約の承認がおりたら、4日以内にお支払いいただきます。支払が完了した時点で予約が確定します。
軒先レストランとは、飲食店の空いている時間を間借り(シェアレストラン)できるサービスです。
例えば夜にBARをやっているお店はランチ営業をしていません、空いているお昼の時間帯に、間借り(シェアレストラン)でカレー屋さんやらーめん屋さんを始めることができます。飲食店を間借りできる期間は最低1ヶ月から間借りすることができます。
利用される方は様々で、これから飲食店を始めたい方や飲食店を経営していて2号店は間借り飲食店で開業、主婦の方が間借り飲食店でランチ営業にチャレンジなど利用方法はアイデア次第!!お気軽にお問い合わせください。
STEP.1
会員登録
本人確認書類を提出いただきます。
会員登録はこちら
STEP.2
スペース登録
貸したい飲食店があったらWEBから登録。ご登録後、軒先レストラン事務局で審査があります。
審査完了後、スペースの利用者募集が開始されます。
STEP.3
予約の審査
新しい予約が入ったら内容・日にちを確認し、利用の可否を回答します。
STEP.4
スペース利用料の
お支払
スペース利用月の月末〆、翌月末時にシステム手数料を差し引いてお振込みいたします。利用明細はマイページから随時ご確認できます。
飲食店の使われていない時間を間借り(シェアレストラン)で貸して頂ける方を募集しております。
間借り飲食店(シェアレストラン)とは、営業して居ない(使われていない)時間を、間借り(シェア)して有効活用するサービスです。 夜しか営業されていない飲食店で、お昼の時間帯を間借りしてカレーを販売したりするのが密かなブームになってます。
間借りの貸出時間は、「お昼の時間だけ」「夜だけ」「全日」でも構いません、また貸出す範囲もキッチン、客席は必須となりますが、お皿の貸出NGなど、細かく設定することができます。眠らせている時間帯を間借り飲食店(シェアレストラン)で有効活用、お気軽にお問合せ下さい!
店舗を利用した方の声

軒先レストランを選んだ理由は何ですか?

普段は軒先ビジネスを利用して、キッチンカーで営業しています。 いつかキッチンカーのメニューを、リアルな飲食店舗で販売してみたいと思っていましたが 、今回軒先レストランの仕組みを使って、新たな挑戦を実現できました。

これから利用してみようと思っている方にメッセージをお願いします。

はじめての方は飲食営業は「リスクがあるんじゃないか?」「資金がかかって失敗したらどうしよう?」という不安があるかと思います。
軒先レストランを使えば、低リスクで飲食営業をはじめることができます。

店舗オーナーの声

軒先レストランを選んだ理由は何ですか?

今の店舗は駅前で立地の良い場所にあるのですが、夜しか営業していなくてもったいないなと思っていました。軒先レストランで、昼間だけ使いたい方をマッチングしてもらえたので、有効活用できてよかったです。

これから貸し出してみようと思っている方にメッセージをお願いします。

自分で終日営業をするのは難しいですが、厨房をお貸ししてほかの方に使っていただけるのは、収益面で助かります。飲食営業では家賃が一番大きな負担になるので、その部分が軽減できるのは助かります。